仮想通貨の最新情報のコーナー!

今回はYOYOW(YOYO)について解説!

ヨヨーと読みます。

バイナンスでの表記はYOYOです。

 

 

YOYOW(YOYO) 基本情報

単位 YOYOW

(バイナンスではYOYO)

公開日 2017年3月
発行上限枚数 3億枚
公式サイト https://yoyow.org/index_en.html
フォーラム(Bitcointalk)
ソースコード
ホワイトペーパー https://www.yoyow.org/files/white-paper3_en.pdf

 

YOYOW(YOYO)って何?

概要

 

 

YOYOWとは簡単に言うと、コンテンツを投稿してそのコンテンツの質がよかったら、YOYOW(仮想通貨)が付与されるプラットフォームみたいです。

コンテンツとは、テキストや動画、ライブ配信などがあります。

現在、全世界で流行しているフェイスブックやツイッターがありますが、フォロワーが多かったりいいねが多かったりしてもユーザーには金銭的報酬はありません。

利益などは株主らに分配されます。本来はユーザーによって成り立っているサービスなのに。

また、それらのコンテンツはサービス終了してしまえば消えてなくなります。

 

YOYOWはブロックチェーン技術を利用して、透明性の高い評価システムを構築します。

そして、ユーザーの貢献度を重視しています。

 

デモサイトもすでに作られており、それはブログメディアで、記事によっては9万YOYO付与されています。

これは現在のレートで140万円ほどになります。

すごいですね^^;

 

ブログだけでなく、今後あらゆるコンテンツやプラットフォームに、コンテンツ報酬サービスを浸透させることが目的のようです。

似たような通貨に「STEEM」というのもあります。

今の時点でYOYOWより約20倍の価格がついています。

 

チャート

https://coinmarketcap.com/currencies/yoyow/#charts

 

2017年末から上昇するも、2018年に入り少しずつ戻っている。

一度Binanceに上場後に上場廃止となり、その後再上場した異色の経歴をもつ。

 

報酬制度

http://demo.yoyow.org/

 

先ほども説明しましたが、すでにデモサイト(ブログ)が稼動しています。

まだデモサイトなので何とも言えないですが、実際に報酬制度が実装されれば、今よりよりよいコンテンツを作ろうとクリエイターは思うでしょうね。

 

現在のブログサービスでのお金儲けは、クリック報酬制(アクセス数重視)で稼いでいるのがメインです。

アフィリエイトのために、アクセスだけ稼げばいいといった風潮が蔓延しており、記事の質は二の次とされています。

 

記事の質によって報酬がもらえるなら、そのようなことは無くなるはずです。

そうすれば、質の高い記事だけが残りインターネットがより便利になるはずです。

 

中国市場を視野に

似たような仮想通貨がすでにありますが、YOYOWは中国での展開を視野に入れています。

デモサイトも中国語でした。

人口が多い分、浸透すれば爆発的に伸びる可能性があります。

 

YOYOWの最新情報

海外仕手のPUMP?(2018年2月10日)

2018年2月10日23時頃に急激に価格が上昇しました。

なぜあがったのか・・・?

調べてもよく分かりませんでした。

ただ、YOYOはバイナンスでよく仕手に使われることがあるので、それかな?とも思いました。

 

▲PUMPによる上げ?

 

YOYOW(YOYO) オススメ取引所と買い方

YOYOW(YOYO)は、国内の取引所(コインチェック・ビットフライヤー)では買えません。

海外の人気取引所Binanceで取り扱っています。

大手取引所なので、ここでトレードしている人が多いです。

なので、Binanceがオススメです!

 

Binanceは他にも有望な草コインがあります!

口座開設はメールアドレスだけで3分でできるので、YOYOW(YOYO)の売買に限らず作っておくだけでもオススメします!

 

草コイン取引にオススメ!
今注目のADA・TRXコインも買える!
日本語対応!中国最大手取引所「BINANCE(バイナンス)」の口座開設はコチラ
 
 
  日本語対応!BINANCE(バイナンス)口座開設方法と二段階認証・入金方法・コインの買い方まとめ