YoutubeLiveでFX配信してみたいという人向けにやり方まとめを作りました。

FX配信するときの参考にしてください。

 

YoutubeLive FX配信のメリット

FXの情報交換ができる

FXをやっている人が増えたといえど、自分の周りに投資してる人は少ないはず。

また、お金の話になるので話しにくい・・・ってこともあるかと思います。

ただ、ネット上でなら気楽に本音で話すことができます。

ポジショントークや指標・マーケットの情報、手法の情報も手に入れることができます。

ネット上には初心者の人もいれば億トレの人もいます。

もしかしたら、最高の手法に出会うキッカケになるかもしれません。

 

FX仲間ができる

「投資家とは孤独な者だ」by小野です

専業の人は特に家から出ずに仕事するわけですから、どうしても友だちとも疎遠になり感覚もずれてきます。

そこで、ネットでFX仲間を探すのも悪くないでしょう。

投資の話は抜きにして単純に友だちとして付き合う人も多いです。

ライブ配信をすれば色んな人が集まって楽しくワイワイできます。

 

自分のトレード記録になる

配信動画はYoutube上に保存しておくこともできるので、トレード記録として置くことができます。

調子が悪くなったときなどに自分のトレードを見直すことができて便利です。

また、プロ専業の人は動画に残して初心者さんなどに教えることもできます。

 

Superchatで投げ銭がもらえる

ユーチューブライブには投げ銭機能があります。

視聴者が配信者にお金をあげることができる機能です。

取り分は大体6割前後になります。

1万円投げ銭してもらったら6千円が配信者に入ります(大体)

プロゲーム配信者の中には月に数百万円稼ぐ人もいます。

 

ただ、条件としてチャンネル登録者数1000人以上必要です。

あと、機能が使えても投げ銭をもらえるとは限りません。

あくまでも、オマケとして考えて視聴者を楽しませるように配信しましょう。

 

Youtubeのチャンネル準備

まずは、チャンネルを作成します。

 

ライブストリーミングからライブ配信を始める。

画面にしたがって電話番号認証とかをこなす。

 

そして「クリエイターツール」 でライブ ストリーミングを有効にしておいてください。これで前準備は完了です。

 

YoutubeLive FX配信の方法

配信するのに必要なのは「配信ソフト」です。

コレはネットで無料でダウンロードできるので、実質パソコンがあれば配信できます。

 

OBSを使って配信

OBSという配信ソフトを使って配信します。

他にも配信ソフトはありますが、ここでは私が使っているOBSを紹介します。

 

OBSには2種類あり「OBS Studio」と「OBS Classic」というのがあります。

中身はほとんど変わりませんが今から始める人は「OBS Studio」を使うのが主流みたいです。

私はパソコンのスペックが低いので「OBS Classic」を主に使って配信しています。

配信が重くなるという人はこっちでもいいのかも。

 

OBSのダウンロード

 

  1. 公式サイトにアクセスし、「Download OBS Studio」をクリックする。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行する。
  3. 画面を順に進めていく。
  4. OBSのインストールが完了する。

 

配信設定

「設定」タブからYoutubeLiveの配信設定を行います。

「配信」をクリック。

「サービス」を「Youtube」で選択。

 

ここで、ストリームキーを確認するために、Youtubeのダッシュボードからライブストリーム画面に行きます。

 

下にスクロールするとエンコーダの設定があるはずです。

ストリームキーをコピーするため「表示」ボタンを押してコピーします。

これはかなり重要なものなので他人に教えたりしないように。

 

再度OBSに戻り、コピーしたストリームキーを貼り付けて完了です。

 

OBSでチャートや損益画面を見せる

ソースの「+」ボタンをクリック

 

「ウィンドウキャプチャ」をクリック(画面キャプチャでも可)

 

ウィンドウでチャートを選択。

 

するとチャートのウィンドウが表示されます。

角などにある○ボタンをドラッグすれば大きさを変えられます。

ウィンドウ内の特定領域だけ表示させたいときは、「Alt」を押しながら○ボタンをドラッグしてください。

一部分だけ表示させることができます。

 

あとは同じ要領で口座資金や注文画面を出せばいいでしょう。

 

・口座資金

・注文画面

・チャート

 

これらはFX配信で必須でしょう。

あとは、お好みで約定履歴やチャット画面・メモなどを出せばGOOD。

 

音量を調整する

マイクは自分の声、デスクトップ音声はパソコンから流れる音を表します。

声を出したくない人はメガホンマークを押してミュートに。

パソコンから流れる音も出したくない人は同じようにミュートにしてください。

ただ、やっぱり無音より声を出していたほうが人は集まります。

無言でも著作権フリーの音楽をかけておくと人が集まりやすくなります。

 

背景を入れる

「+」ボタンから画像を追加。

用意しておいた背景を選択。

サイズが合わなければ角の○ボタンで調整。

レイヤーを一番下に指定(ソースのところで背景画像を一番下にドラッグ)

 

背景画像があると余白があっても綺麗にみえます。

 

テキストを表示させる

「+」ボタンから「テキスト」を追加。

フォントやテキスト・色などを入力。

シークバーを下に持っていくとさらに細かい設定ができます。

 

スクロールさせたい場合は文字を選択して右クリック「フィルタ」を選択。

 

左下の「+」ボタンを押すとエフェクトを選べます。

「スクロール」を選択。

横に流れさせたいときは水平の数値をいじって完成。

 

他にもいろいろできますが、FX配信ならスクロールさえ覚えておけば大丈夫でしょう。

 

OBSで配信を開始する

準備ができたら「配信開始」ボタンを押します。

これで配信が開始されます。

 

と、その前にYoutube側でタイトルや説明欄を書いておかないといけません。

タイトルは他の人が目に止まりやすそうなものを、そしてFXという単語を入れておきましょう。

説明欄には、「放送の目的」「自分のプロフィール」「スタート時の資産」「免責事項」「画像や音楽のリンク元」などを書きましょう。

何か書けばいいか分からない人は、他の配信者を参考にしましょう。

 

タイトル・説明欄が完成したら、OBSで「配信開始」を押してください。

Youtube側のページですることはありません。

 

まとめ

いかがでしたか?

初心者の人でも簡単に配信できると思います。

ニコ生やふわっちでのFX配信自体はそこそこ盛んですが、YoutubeでのFX配信はまだまだ始まったばかりです。

新規参入者が有利なのはどこの世界でも一緒。

ニコ生で超人気FX配信者が移行してきたり、YoutubeLiveで数十万稼ぐFX配信者が出てきたり、今何かと注目されています。

今のうちにはじめれば古参になれるかも・・・!?

情報交換したい人や投資家仲間を作りたい人はぜひ配信してみてください!