仮想通貨の最新情報のコーナー!

今回はWings(WINGS)について解説!

ウィングスと読みます。

 

 

Wings(WINGS) 基本情報

単位 WINGS
公開日 2016年12月31日
発行上限枚数 100,000,000
公式サイト https://wings.ai/
フォーラム(Bitcointalk) https://bitcointalk.org/index.php?topic=1477055.0
ソースコード https://github.com/WingsDao
ホワイトペーパー https://wings.ai/docs/WINGS_Whitepaper_V1.1.2_en.pdf

 

Wings(WINGS)って何?

概要


Youtube再生回数(3500回・2018年2月2日現在)

 

WINGSは、DAO(分散型自治組織)を通じて新しいプロジェクトの立ち上げ・支援・推進に専念するコミュニティを結成し育成するブロックチェーンプラットフォームです。

 

個人や団体がWINGS-DAOコミュニティに新しい提案を提出して、その提案の「成功要因」について議論・レビュー・予測します。

そのなかで成功する可能性の高いものを選びICOのように資金を投資して、コミュニティから支援を受けることができます。

 

他の仮想通貨やブロックチェーンが決済機能に使われることが多いですが、WINGSは資金調達のプラットフォームとして使われます。

 

チャート

https://coinmarketcap.com/currencies/wings/#charts

 

上下しながらのヨコヨコ。

2017年12月26日にBinance上場。

 

WINGSのシステム

WINGSのスマートコントラクトは、イーサリアムのSolintuで書かれておりEVM(Ethereum Virtual Machine)イーサリアム仮想マシンとRootstockの両方を採用しています。

 

WINGSの流れ

DAOクリエーター(プロジェクト提案者)がプラットフォーム上にwingsトークンを支払いテキストやメディアをアップロードして、初期ガバナンスを指定します。

 

 

プロジェクトマルイストーンを設定し、到達するとプロジェクトの次の段階の資金を開放することができます。

 

 

最初のトークン供給とバッキングキャンペーン(支援者募集)の参加者への報酬分布のルールを設定します。

クオリティの高いDAOプロジェクトを作成した提案者は、レーティングが上がり受け取る報酬も大きくなります。

 

 

wingsトークン所有者は、資金調達に成功するかを予想し賭ける事ができます。

予測期間が終了したら作成したプロジェクト用の新しいトークンが生成されて、罰金愚キャンペーンのブロックチェーンアドレスが作成者に提供されます。

このとき、資金調達成功に予測した人は、発行された新しいトークンを報酬として分配されます。

 

報酬制度

正しく市場予測をしてる人には報酬が与えられる仕組みを備えているのが特徴。

インセンティブ目当てにコミュニティが活性化することが期待される。

 

WINGSの最新情報

ベータテストネットアップデート(2018年2月2日)

WINGSのベータテストネットアップデートが行われました。

UIの改良やバグの修正など。

 

▲その影響かドデカイ陽線が。

 

Wings(WINGS) オススメ取引所と買い方

Wings(WINGS)は、国内の取引所(コインチェック・ビットフライヤー)では買えません。

海外の人気取引所Binanceで取り扱っています。

大手取引所なので、ここでトレードしている人が多いです。

なので、Binanceがオススメです!

 

Binanceは他にも有望な草コインがあります!

口座開設はメールアドレスだけで3分でできるので、Wings(WINGS)の売買に限らず作っておくだけでもオススメします!

 

草コイン取引にオススメ!
今注目のADA・TRXコインも買える!
日本語対応!中国最大手取引所「BINANCE(バイナンス)」の口座開設はコチラ
 
 
  日本語対応!BINANCE(バイナンス)口座開設方法と二段階認証・入金方法・コインの買い方まとめ