仮想通貨の最新情報のコーナー!

今回はLunyr(LUN)について解説!

ルーナーと読みます。

 

 

Lunyr(LUN) 基本情報

単位 LUN
公開日 2017年3月8日
発行上限枚数 2,703,356
公式サイト https://lunyr.com/
フォーラム(Bitcointalk) https://bitcointalk.org/index.php?topic=1818468
ソースコード https://github.com/lunyr
ホワイトペーパー https://github.com/Lunyr/Lunyr/blob/master/Lunyr_White_Paper_ENG.pdf

 

Lunyr(LUN)って何?

概要


Youtube再生回数:2000回(2018年2月24日現在)

 

Lunyrは、インセンティブシステムをベースにした非中央集権的知識共有プラットフォームです。

Lunyrでは情報の投稿者とそのレビュワーに対してトークンで報酬が支払われ、相互評価によりプラットフォームが発展していく仕組みになっています。

簡単に言えばwikipediaみたいな感じです。

 

また、LUNトークンを支払うことによりLunyrプラットフォームを利用して広告を宣伝することができるようになります。

Lunyrはwikipediaのように寄付で運営するのではなく、広告収入で運営します。

 

チャート

https://coinmarketcap.com/assets/lunyr/

 

2017年8月に高値をつけるも、その後戻す。

2018年1月に高値をつけるも、その後戻す(アルトコイン祭り)

 

Lunyrの仕組み

執筆者は記事を作成します。

記事を作成したら、AIで選ばれた専門家たちのレビューを受けて問題なければ公開されます。

その公開された記事に対して執筆者は報酬をもらえます。

 

さらに、レビューする側の人も報酬をもらえます。

こうすることで、レビューをする側にもメリットを与えます。

 

運営費は、Lunyrに広告を出したい企業からLUNで広告費をもらいます

将来的な目標は、開発者が人工知能、バーチャルリアリティ、拡張現実などの次世代の分散アプリケーションを作成するために使用できる知識ベースAPIを開発することです。

 

wikipediaを越える

1,記事の信憑性がない

2.記事を書く人への報酬がない

3.中央集権(運営が決まっている)ので、情報操作の可能性がある

4.観閲禁止などの規制をかけられる可能性はある

5.運営が大変

 

ウィキペディアにはこれらの問題点があります。

しかし、Lunyrはブロックチェーン技術を使いこれらの問題を解決します。

報酬制度や非中央集権・広告収入などでカバーできます。

もしかしたら、ウィキペディアを越える日が来るかもしれません。

 

Lunyr(LUN)の最新情報

海外仕手の大型PUMP(2018年2月24日)

急にLUNの価格がわずか数時間で2倍以上になりました。

調べてみたところ何かニュースがあったわけではなく、海外仕手グループのPUMP?との噂が広まっています。

それにしても、ここまで急激に値上がりするのは滅多にありません。

どこかの大口が仕込んだんでしょうかね・・・。

 

Lunyr(LUN) オススメ取引所と買い方

Lunyr(LUN)は、国内の取引所(コインチェック・ビットフライヤー)では買えません。

海外の人気取引所Binanceで取り扱っています。

大手取引所なので、ここでトレードしている人が多いです。

なので、Binanceがオススメです!

 

Binanceは他にも有望な草コインがあります!

口座開設はメールアドレスだけで3分でできるので、Lunyr(LUN)の売買に限らず作っておくだけでもオススメします!

 

草コイン取引にオススメ!
今注目のADA・TRXコインも買える!
日本語対応!中国最大手取引所「BINANCE(バイナンス)」の口座開設はコチラ
 
 
  日本語対応!BINANCE(バイナンス)口座開設方法と二段階認証・入金方法・コインの買い方まとめ