仮想通貨の最新情報のコーナー!

今回はEverex(EVX)について解説!

エヴァレックスと読みます。

 

 

Everex(EVX) 基本情報

単位 EVX
公開日 2017年6月19日
発行上限枚数 25,000,000
公式サイト https://www.everex.io/
フォーラム(Bitcointalk) https://bitcointalk.org/index.php?topic=1975013.0
ソースコード https://github.com/EverexIO
ホワイトペーパー https://daks2k3a4ib2z.cloudfront.net/59157962bdb4300afa8771a9/5963c09d077a520b5a965208_20170710_EVX_WP.pdf

 

Everex(EVX)って何?

概要


Youtube再生回数:7000回(2018年2月19日現在)

 

Everrexは、ブロックチェーンを活用し、アジア地域を中心にスマホアプリを使って、あらゆるお金のやり取り(譲渡、借入、取引)することを目的とした仮想通貨です。

銀行口座は必要なく、 30秒未満の収拾時間では、取引コストは数セントです。

取引は100%イーサリアム(Ethereum)ベースの暗号通貨に基づいて決済されます。

EVXは「Everex(エバレックス)」というプラットフォームの上で稼働するトークンです。

 

エヴァレックスは暗号通貨を現金化することができるキャッシュアウトステーションとして機能しながら、パートナーとベンダーのグローバルネットワークを構築しています。

 

チャート

https://coinmarketcap.com/currencies/everex/

 

2018年1月に高値をつけるも値を戻している。

2月から上昇傾向に。

 

スマホアプリ

Everexはスマホの利用を前提に考えられているため、パソコンを持つ必要がありません。

アプリでブロックチェーンを使うため、ユーザーは銀行口座を持つ必要がなく、アプリ自体をウォレットとして、キャッシュステーションから入出金をすることが可能となります。

 

また、ユーザー同士の少額の決済(マイクロファイナンス)を対象としています。

 

仮想通貨を現金化することができる

仮想通貨を迅速に法定通貨として現金化できるATM環境(キャッシュステーション)を構築する予定です。

 

今後追加される機能

Everexはまだ現在開発中のプラットフォームですが、次のような機能が提供される予定です。
素早い操作:アプリを数回クリックするだけで通貨の購入は借り入れが出来ます。

国際送金:世界中のWEBサービスや商品販売者にアプリから送金をすることが出来ます。

多様な現金化:街中のキャッシュステーション(ATM)やコンビニ、商業施設で現金を引き出すことが出来ます。

 

Everex(EVX)の最新情報

Lykke Exchange上場(2018年2月12日)

スイスに本拠を置く取引所「Lykke Exchange」に上場しました。

そこまで有名な取引所ではないですが、その影響で一時値を上げました。

 

Binance上場(2017年10月)

人気海外取引所Binanceに上場しました。

その影響で値は一時大きく上げました。

 

Everex(EVX) オススメ取引所と買い方

Everex(EVX)は、国内の取引所(コインチェック・ビットフライヤー)では買えません。

海外の人気取引所Binanceで取り扱っています。

大手取引所なので、ここでトレードしている人が多いです。

なので、Binanceがオススメです!

 

Binanceは他にも有望な草コインがあります!

口座開設はメールアドレスだけで3分でできるので、Everex(EVX)の売買に限らず作っておくだけでもオススメします!

 

草コイン取引にオススメ!
今注目のADA・TRXコインも買える!
日本語対応!中国最大手取引所「BINANCE(バイナンス)」の口座開設はコチラ
 
 
  日本語対応!BINANCE(バイナンス)口座開設方法と二段階認証・入金方法・コインの買い方まとめ