仮想通貨の最新情報のコーナー!

今回はCyberMiles (CMT)について解説!

サイバーマイルズと読みます。

 

 

CyberMiles (CMT) 基本情報

 

単位 CMT
公開日 2017年10月
発行上限枚数
公式サイト https://cm.5miles.com/
フォーラム(テレグラム) https://t.me/cybermilestoken
ソースコード https://github.com/cybermiles
ホワイトペーパー https://cm.5miles.com/whitepaper_ja.pdf

 

CyberMiles (CMT)って何?

概要

Youtube再生回数(15000回・2018年1月29日現在)

 

CyberMilesはサイバーマイルズと呼び、「オンラインマーケットプレイス特化型のスマートコントラクトプラットフォーム」です。

簡単に言うと、アマゾンマーケットプレイスや楽天市場みたいな感じです。

このプラットフォームで使われるのが、仮想通貨CMTです。

 

現在の中央集権型のマーケットプレイス(運営元がいる)だと、個人情報の管理やユーザー間のトラブル解決などに莫大なコストがかかります。

そして、仲介料として手数料がかかるのでユーザーにも負担がかかります。

 

これをブロックチェーンやスマートコントラクトの技術を使い、高セキュリティ・低コストなマーケットプレイスを目指します。

企業やユーザーどちらもwin-winの関係になれるのです。

 

チャート

https://coinmarketcap.com/currencies/cybermiles/#charts

 

やや右肩上がりから2018年1月下旬に最高値トライ中。

 

5miles

実は、このCMT。

プロジェクトとして5milesというアプリがすでに2015年にリリースされて運営されています。

2016年には総売上高1億ドル突破・2017年には1100万ユーザー突破と順調に伸びています。

そして、2017年10月にCMTトークンが発行。

2018年1月に5milesアプリで使えるようになりました。

 

日本ではメルカリなどが覇権をとっていますが、世界ではそこそこ使われているようでアプリの評価も4以上あり高評価みたいです。

 

CMTの最新情報

Arcblock と提携(2018/1月29日)

Arcblock と提携を発表しました。

ArcblockとはICO(未上場仮想通貨)です。

有名企業と携わっていて、メディア露出も多いようです。

ICOレーティングという評価サイトで4.8という高スコアを出しています。

ICOセール開始日は2/4 10:00(日本時間)ですが、購入可能限度額は3ETH +7500CMT(合計5ETH)となり、 CMT の需要が増えて買われました。

 

▲その影響でかなり買われました。+30%越えです。

 

CyberMiles (CMT) オススメ取引所と買い方

CyberMiles (CMT)は、国内の取引所(コインチェック・ビットフライヤー)では買えません。

海外の人気取引所Binanceで取り扱っています。

大手取引所なので、ここでトレードしている人が多いです。

なので、Binanceがオススメです!

 

Binanceは他にも有望な草コインがあります!

口座開設はメールアドレスだけで3分でできるので、CyberMiles (CMT)の売買に限らず作っておくだけでもオススメします!

 

草コイン取引にオススメ!
今注目のADA・TRXコインも買える!
日本語対応!中国最大手取引所「BINANCE(バイナンス)」の口座開設はコチラ
 
 
  日本語対応!BINANCE(バイナンス)口座開設方法と二段階認証・入金方法・コインの買い方まとめ